この街支援センター

 この街支援センター ぽっけのおうちでは、諏訪圏域にお住いで障がいを持たれた方へ7つの事業を展開しながら生活サポートを行っている事業所です。
 事業の種類は下記の通りで、各種サービスの対象地域は、岡谷市、下諏訪町、諏訪市、茅野市、原村、富士見町の6市町村にお住まいの方々となります。

 わたしたちは障害者自立支援法に基づく障害者居宅介護事業所の指定を受けており、ホームヘルパーがお伺いし、日常生活でやりたい事やできない事をサポートします。
 詳細・お問い合わせはお気軽に、事業所へご連絡下さい。

 居宅介護

 市町村の調査・判定で受給内容に応じて2種類のサポートを行います。

 ・身体介護・・・日常生活の中で必要な、食事・排泄・入浴・着替え等の身体的に必要な支援。
 ・家事援助・・・日常生活の中で必要な食事準備・身支度・掃除等の家事的な支援。

 行動援護

 ・市町村の調査・判定で、主に自閉症やてんかんなどによる、行動特性に応じて受給されます。
 ・行動上困難がある方(常時見守りなどの介護が必要であり、行動する際に生じる危険を回避するために支援が必要な場合)の支援

 重度訪問介護

 市町村の調査・判定で、介護度に応じて受給されます。
 ・重度の肢体不自由な方で、常時介護が必要な方への支援。主に居宅介護の身体介護・家事援助に準じたサポートを行います。

 移動支援

 個別に、外出におけるサポートが必要な方に受給されます。内容はそれぞれお住まいの市町村により、多少異なる点があるかもしれませんが、主に外出の付き添いのサポートを行います。サポート中に、居宅介護の中の身体介護のサポートが必要な方と、そうでない方とで、身体介護あり・なしの2種類に分かれます。
 ・又 H22に岡谷市が H23に諏訪市がそれぞれ グループ型・車両移送型(養護学校への送迎)へと支援の枠組みを広げています。

 有償移送サービス

 国土交通省より自家用自動車有償運送事業認可を受けて行うサービスです。運転者は訪問介護員及びガイドヘルパーの有資格者で移送サービス運転者講習を受講し必要なサービスを行っています。
 詳細・お問い合わせはお気軽に、事業所へご連絡下さい。

▲ページ先頭

 学童クラブ事業(新規事業)

 これまでこの街支援センターでは、諏訪市からの委託事業として諏訪養護学校学童クラブ(中学部)、養護学校長期休業時の学童クラブ(茅野市)を行ってきましたが、平成24年4月より新たに茅野市、原村、富士見町からの学童クラブ全面委託を受け、実施場所に諏訪養護学校をお借りしながら行っています。
 ※諏訪養護学校学童クラブは、仕事などで昼間、保護者がいない養護学校に通う子どもたちに、遊びや生活の場を提供しています。

 平日学童では、日頃からのびのび・ゆったり・のんびりと子供たちの放課後活動の場として楽しめるように努めています。
 児童は自転車に乗って遊んだり、工作などをしたり、ボールを使用してバレーをしたり、絵を描いたり、その児童により様々な過ごし方をしています。
 こども達同志、指導員は生活や遊びなどを通して豊かな人間関係を築き日々を過ごしています。

ぽっけのおうち 部屋 1 部屋 1
ぽっけのおうち 部屋 2 部屋 2
ぽっけのおうち 部屋 3 部屋 3
ぽっけのおうち 部屋 4 部屋 4

 本人活動サポート『GET』

学校卒業後(18歳以上)の方を対象に年に3〜4回、カラオケやボーリング、ハイキングなどを行っています。

 夢ぽっけクラブ

18歳以下でぽっけ登録の会員を対象に年に3〜4回、お花見やお食事会などを行っています。

 指定相談支援事業

 障害福祉サービスの利用に関する調整を行う事が難しい方に代わって相談支援専門員がサービス利用のための支援や調整を行います。

この街支援センター

▲ページ先頭